人生マットブラック

ヴェイン様のすしざんまい

応援しているチームというか団体

お題「#応援しているチーム

最初に言っておくが、自分はスポーツにはまったく詳しくない。五郎丸歩選手の活躍によって、ラグビー人気が出たこと、そしてラグビー世界最強と謳われるニュージーランド代表、通称「オールブラックス」、そして試合前のハカと呼ばれるものがすごくカッコいいこと。ぐらいの知識しかない。

それでも好きなスポーツはある。それはプロレスだ。最近はとんと見なくなってしまったが、自分が中学生の頃に兄が毎週買ってくる「週刊プロレス」(兄はかなりのプヲタ)を読んでプロレスの知識を蓄えたものである。

プロレスの話題のためお題は「応援しているチーム」ではなく、「応援している団体」といったことになる。応援している団体というか好きな団体は新日本プロレス(以下新日本)である。所属レスラーは、棚橋弘至、オカダカズチカなどが有名。


f:id:Rhodanthe_0924:20200626235602j:image

自分が新日本ファンになったのは毎年1月4日に行なわれるレッスルキングダム(通称1・4東京ドーム)に兄に連れて行ったのがきっかけである。たしか両国国技館にも連れて行ってもらった記憶があるが、東京ドームの椅子は固い、両国国技館の椅子は柔らかいということは覚えている。

話は戻るが、いよいよ最初の試合開始。大音量で選手のテーマが流れ、続々と入場してくるレスラーたち。現在は引退したミラノコレクションA.Tが現役だったのを覚えている。

そして第二試合、第三試合と進み、ついに待ちかねたラストマッチ。選手は誰だったか忘れたが、たしか棚橋弘至vs中邑真輔というビッグマッチだった気が。たしかこの頃の中邑真輔はクネクネした動きやボマイェやイヤァオ!などもなかったストロングスタイルのレスラーだった気が。(この辺も記憶が曖昧)そして結果も忘れてしまった。しかし強く記憶に刻まれているのは、ブレーンバスターやバックドロップなどの投げ技でマットに叩きつけられるとバコォン!と強烈な音が鳴り響いて、こりゃすげえやと感動したことである。

他にもテンコジ(天山広吉小島聡)のタッグがすごく強かったり、小島聡がまさかのブードゥーマーダーズ入りでヒールに転向したのも強く記憶に残っている。

以上で応援しているチームならぬ団体についての記事を書き終えたいと思う。

 

それではこの辺で。

シャドーハイチュウ